白目の黄ばみ・充血対策!やらなきゃもったいない!あなたの白目はもっと綺麗になる!

美白ケアをすることが常識になってる今、
白目のきれいさも、美人度アップのポイントになってますよね。

でも、白目に黄ばみや充血があると、
いくらお肌の手入れをしていても、それだけで+5歳は老け見えの原因にもなりますよね。

なのに、今は、スマホやパソコンなどで目を酷使する時間が長いので、
どうしても白目が黄ばみがちになってしまうんです。

そこで今回は、白目をきちんとケアして白目美人になるための6つのケア方法をまとめてお伝えしますね。

1.目の黄ばみや充血には、UV対策・ブルーライト対策が効果的

紫外線対策は肌だけじゃあありません。
紫外線ダメージで、目は黄ばみます。

これは光老化(フォトエイジング)と呼ばれる目の日焼けで、
タンパク質が変性することが原因で、目の黄ばみとなるのです。

防ぐためには、一番てっとり早いのは、UV加工のサングラスで目全体をカバーしてしまうこと。
今は、クリアレンズで紫外線とブルーライトカットを両方ともカットしてくれるタイプもあるので、一つ持っておくと便利ですよ。

液晶保護フィルムを、あらかじめモニターやスマホに貼っておいてもいいですね。

2.目を休ませる

長時間連続で、目を使い続けるとそれだけ負担も増えてしまいます。
出来れば、目が疲れたと感じる前にちょこちょこ休憩をはさみながらお仕事や作業をするとベストです。

ホットアイマスクや蒸しタオルなどで目を温めるといいのですが、
お仕事中でそこまで出来ないという場合には、
目を閉じるだけでも効果的です。

3.白目を白くするネトラバスティ

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、ギー(バターの一種、アーユルヴェーダでは、すべてのオイルの中で最高のオイルと言われています)

で、目を洗うネトラバスティという方法があります。

ネトラバスティをすると、眼精疲労や目の裏にたまった汚れを押し出すので白目がすっきりきれいに!
目のかゆみやドライアイ、アレルギーにも効果があるといわれているんですよ。

自宅でも出来ますが、慣れてないとちょっと怖いと思うので、
興味のある方はアーユルヴェーダ系のエステサロンでトライしてみてもいいですね。

4.白目の充血に専用の目薬を

充血した目をすっきりきれいな白目にしたいなら!
ネーミングの通り、白くなるだけでなく、キレイな瞳に!
え?目だけでこんなに変わるの?ってくらいの変化を体感してください。

コンタクトレンズをしたまま使えるタイプは数少ない!
ドライアイや充血した目を素早く白い目に!

5.白目の黄ばみには肝臓に良いお茶を飲む

身体の内側からも白目をケア。
白目の黄ばみは、タバコやアルコールのとりすぎで肝機能が低下することも原因の一つです。
実は、肝機能が低下すると肌より先に、目の黄ばみが出るともいわれてるくらい、
肝臓は目にとって重要な臓器なんです。

肝機能に効果があるといわれているお茶は「メグスリの木」や「はぶ茶」などが有名です。

6.目の黄ばみや充血には、ルテインを毎日摂取する

目にいい成分として有名なものに「ルテイン」があります。
ルテインを多く含んでいる食べ物は、緑黄色野菜や卵黄、色の濃い果物などに含まれていて、油と一緒に食べるとルテインの吸収力が高くなります。

ルテインを摂取することで、紫外線やブルーライトから目を保護したり、活性酵素を除去してくれるので、目の黄ばみや充血にお悩みの方は日常的に摂取することを目標にしたい!

ルテイン配合サプリメント
一般的になりつつある飲む日焼け止め。
こちらは、ルテイン配合の日焼け止めになります。

目の黄ばみ・充血対策 さいごに

記事にまとめておいてなんですが、
私も日常的に白目のケアは、ついついおざなりになってしまうんです。
つい集中して、スマホ見ちゃうんですよねぇ。

自分をいましめつつも、忘れないように今回は備忘録としても書いています(笑)

目の印象ってホントに大切。
メークするときも、顔の中心をキレイにメークすると顔全体がキレイに見える目の錯覚ってあります。
同じように、白目の黄ばみや充血にならないようにしっかりケアすると、
顔の印象って全然変わるんですよー!

ぜひ、白目のケア、日課にしてみてくださいね^^